相続

第3回 3年以内の贈与は相続になる?①

2019年6月21日

今日も鎌倉は暑いですね~☀

こんにちは、のりぽです!

 

今日は『相続開始前3年以内の持ち戻し』について考えてみましょーう!

 

前回、生前贈与が相続対策になるとお話しましたが・・・

 

毎年基礎控除内で贈与しているから関係ないわ♪

と思っているそこのあなた!!

大丈夫じゃないかもしれません・・・

 

実は・・・

相続が発生した日(被相続人が亡くなった日)から3年以内に法定相続人に贈与した財産は、

相続財産に含まれてしまうんです!

 

どういうことか、具体例で見てみましょう。

 

Aさんの財産は、自宅(土地・建物)4,000万円、預貯金5,000万円の計9,000万円。

 

子B・C・Dに毎年100万円ずつ生前贈与をしており、10年かけて計3,000万円を贈与する予定でした。

しかし、贈与を始めてから5年目の年にAさんは亡くなってしまいました。

 

この場合、1~2年目に贈与した600万円(100万円×2年×3人)は問題ありません。

 

しかし!

 

3~5年目に贈与した900万円(100万円×3年×3人)は相続財産に含まれていしまい、相続税がかかってしまいます!!

 

 

 

 

相続財産を1,500万円分減らすことができていると思いきや、

実際は600万円分しか相続財産を減らすことができていなかったという・・・

 

これが、『相続開始前3年以内の持ち戻し』です。

 

ただし!

 

持ち戻しがあるのは法定相続人に贈与したときなので、

Aさんが法定相続人ではない孫Eに贈与していた場合には、3年以内の贈与であっても持ち戻しはありません!

 

また、ケースによっては、年間110万円を超える金額を贈与し、贈与税を支払った方がよい場合も・・・

 

詳しくは次回の相続なるほどコラムで!

 

ではまた~

 

 

◆◇◆相続についてのご相談は鎌倉で相続に強い大場尚之税理士・行政書士事務所へ!◇◆◇


 

第2回 どうして生前贈与をするの?

2019年6月14日

ついに梅雨の季節が到来しました!

鎌倉の紫陽花も綺麗に咲いていますね!

 

さてさて今回は「贈与」についてお勉強してみますよ~

 

いきなりですが、皆さんは贈与税がどんな税金かご存知ですか?

 

贈与税とは、生きている人から財産を無償で受け取った時に、受け取った人が納めなければいけない税金なんですが、

受け取った額全てに税金がかかるわけではありません!

この税金には、『基礎控除』というものがあるんですね~

 

なんと!

年間110万円までは税金がかかりません!

しかも毎年つかえる!

この110万円をオーバーした場合に贈与税がかかる仕組みなんです!

 

この仕組みをうまく活用することによって、生前贈与が相続対策となるんですね~

 

具体的に見ていきましょう!

 

例えば、父A、子B、孫Cがいるとしましょう。

父Aが亡くなってしまった時は、相続人が子Bのみとなるケースです。

 

父Aは預貯金を6,000万円持っています。

父Aが亡くなった時にかかる相続税は・・・

 

(6,000万円-【基礎控除】3,600万円)×15%-50万円=310万円

 

となります。

 

では父Aが子Bに毎年110万円ずつ10年間生前贈与するとどうなるでしょう?

この時の相続税は・・・

 

(6,000万円-【生前贈与】1,100万円-【基礎控除】3,600万円)×15%-50万円=145万円

 

相続税が165万円減りました

 

さらに孫Cにも同時に110万円ずつ生前贈与すると・・・

(6,000万円-【生前贈与】1,100万円×2人-【基礎控除】3,600万円)×10%=20万円

となり、贈与しない場合と比べると290万円も減りました!!

 

上記のケースでは10年という期間が必要ですが、それにしてもすごい・・・

相続対策として生前贈与を考える人が多いのはこういう事なんですね~

 

ちなみに、祖父母や両親(直系尊属)が、20歳以上の子や孫に贈与するときは税金少し安くするよー!

という『特例税率』というものもあるんです!

 

ただし!贈与を受けた年の1月1日の時点で20歳以上じゃないといけないので、要注意です!(詳しくはこちら

 

さらに!『相続開始前3年以内の持ち戻し』という注意点も・・・

 

次回はこの『相続開始前3年以内の持ち戻し』についてお話します!

 

ではまた~

 

 

◆◇◆相続についてのご相談は鎌倉で相続に強い大場尚之税理士・行政書士事務所へ!◇◆◇


 

第1回 相続と遺贈ってなにが違うの?

2019年6月5日

こんにちは!税理士事務所1年生、相続について日々勉強中・・・のりぽです!

今週末の簿記試験に向けて、ラストスパートをかけております!

 

この度所長から直々にミッションを受け、こちらのページを担当することになりました!

記念すべき第1回のテーマは『相続と遺贈』にしたいのですが、この違い、皆さん分かりますか?

 

どちらも人が亡くなった時に発生するものですが、何が違うのでしょう?

それは“財産を受け取る人の範囲”なんですね~

 

「法定相続人」という言葉をご存知の方も多いかと思いますが、

これは、相続において財産を受け取る権利がある人のことを指しています。

この「法定相続人」になれる人、民法でちゃんと決まっているんです!(詳しくはこちら

だから、誰でも相続人になれるわけではないんですよ。

 

でも!遺言があれば話は違います!

遺言を書いておけば、法定相続人に限らず、誰にでも財産を遺すことができるんです!

これが『遺贈』です。

 

つまり、『相続』では法定相続人にしか財産をあげられないけれど、『遺贈』では誰にでも財産をあげられるということ!

遺贈する相手は、個人でも団体でも大丈夫なんですよ~

遺言さえ書いておけば、法定相続人でなくても、大好きな兄弟や介護をしてくれた義理の子供にも財産を遺すことができるんです。

 

ただし、相続人以外が財産を受け取ると、相続税が2割増しされるというデメリットもありますが・・・

それについては追々お話することとしましょう!

 

ではまた~

 

 

◆◇◆相続についてのご相談は鎌倉で相続に強い大場尚之税理士・行政書士事務所へ!◇◆◇

このページのトップへ

ページトップへ